FC2ブログ
11≪ 2019/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-12-21 (Thu)
知育玩具は特に木製のものが多いですよね。
金額が高くてなかなか手を出しにくい物もありますが、私も出来るだけ木のおもちゃが良いと考えています。

なぜ木のおもちゃが良いと思いますか?

風合いが良いから?
おしゃれだから?
流行っているから?

人によって色々な理由があると思いますが、私が子どもに木のおもちゃを選ぶ理由はこうです。

『同時に五感にたくさんの情報が送られるから。』

プラスチック製品は均一で、一つ一つに『個』がありません。
厳密に計測すれば多少の違いはあるでしょうが(^^;

これに対して木製品は触り心地、匂い、木目などそれぞれです。
素材の質が均一でないので、規格・寸法を同じに作っても、必ず全てが違うものになります。

同じ真四角の積み木が2ピースあったとしても、二つの木目は異なり、そこには『個』が存在します。
1万個あっても同じものは一つとしてありません。

大人には盲点となり同じものにしか見えないかもしれません。
でも子どもはその木目も『顔に見える』などと想像力を働かせます。

養老孟司先生の『バカの壁』でいう『an apple』と『 the apple』の違いです。
不定冠詞ではなく定冠詞のつく物になる訳です。

IMG_3554_RR.jpg

プラスチック製と木製で全く同じ規格・寸法のおもちゃがあったとすると、木製のもので遊んだほうが五感がたくさん刺激されるわけです。
それであれば、やはり木製が良いという事になります。

しかし、木のおもちゃはプラスチックのものに比べ重さがあり、投げたら危険という意見もたまにお聞きします。

私の正直な感想ですが、
『は?』
以上です(笑)。

おもちゃは投げるものではありません。
きちんとした使い方を大人が提供すれば子どもはおもちゃを投げたりしません。

そのような意見は子どもを下に見ている証拠ですね。

これはまだ出来ないとか、まともに使えないとか大人の価値観で子どもの可能性を狭めてしまうことは非常に残念ですし危険です。

だから木のおもちゃを買いなさいという強迫ではないのであしからず(^^;

このような情報を知っていてプラスチックのおもちゃを選ぶのは自由ですが、知らないで金額や使い勝手だけで選んでいるとしたら、それは不自由なことです。
選んでいるつもりが、選ばされているだけという事です。

自由になるためには、やはり学びが必要です。
たくさん学び選択肢を広げ、その中から自由に選ぶ。

その選択肢に木製のおもちゃが入ってくれたら嬉しく思います。

IMG_3556_RR.jpg


↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)


関連記事
スポンサーサイト



| 保育の質アップ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する