FC2ブログ
2018-01-17 (Wed)
娘の通っている幼稚園で毎月1日ファミリデーとしてテレビなどのメディアから離れて家族の時間を大切にしましょうという試みがあります。

そのファミリーデーを4月から今まで行ったことに対する保護者アンケートがありました。
ファミリーデーに80%以上メディアから離れることができた家庭は半数以下でした。

もちろん反対意見もあるでしょうし、強制されるべきものではないと思います。

しかし、このファミリーデーを行ったことで子どもに変化があったという家庭が70%近くあったようです。
変化の内容として多かったのは、『会話が増えた』、『家族とのコミュニケーションの場がより増えた』、『お手伝いをしてくれるようになった』などなど・・・。

以前の記事にも書きましたが、私の家にはテレビがありません。

このファミリーデーの趣旨を汲み、どうせならと撤去してしまいました(^^;
(他にも理由があるのですが・・・)

上に挙げた変化の内容以外にもたくさん変化がありました。

一番は絵本・図鑑に親子で触れる時間が更に増えたこと。
そしておまけとして、余計なおもちゃを欲しがらないことです(笑)。

テレビは基本的にスポンサーで成り立っていますので、スポンサーを満足させる、つまりは物を売ることを目的としているといっても過言ではありません。
子ども向けのテレビは当然、子どもにあれこれ欲しい物が出来るように番組構成されています。
そこへ追い打ちをかけて、おもちゃのCMが入るので鬼に金棒ですね(;^_^A

我が家にテレビが無くなったおかげで、娘からクリスマスや誕生日のプレゼントにおもちゃを一切ねだられませんでした(笑)。

ねだられたのは絵本。

私が本好きという事もあって、娘もたくさん絵本に興味を持ってくれます。

お陰でまだ4歳になったばかりですが、ひらがなの読み書きが出来るようになりました。
カタカナも半分以上は覚えたようです。

特に教えたわけではないですが、自分から興味を持って書くようになりました。

話がそれましたが、ファミリーデーのアンケート結果を載せた園だよりで紹介されていた下田博次・真理子夫妻の書かれた本を購入してみました。

IMG_3604_RR.jpg

今日はこれを読んで寝ることにします。


↓ランキング健闘中!?ぜひ応援クリックをお願いします(^^♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)


関連記事
スポンサーサイト



| 学び(読書) | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する