FC2ブログ
11≪ 2019/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-02-27 (Tue)
昨日、久しぶりにフローレンスの駒崎弘樹さんの本を読み返していました。

『社会を変えるお金の使い方』という本です。

IMG_3775_RR.jpg

駒崎さんは病児保育を充実させるため若くしてフローレンスというNPO法人を立ち上げられた方です。

病児保育サービスを展開される中、『ひとり親』ではそのサービスを受けるためのお金がないという問題に直面します。

そこから『ひとり親パック』というサービスを提供するまでの過程が書かれています。

その中で、『寄付』について書かれているのですが、私にとって『目から鱗』でした。

『投票としての寄付』、『投資としての寄付』という考え方。

そしてビジネスの基本は見返りを求めずにまず与えること。
その『与えても見返りを求めない』ことの練習に『寄付』が有効であること。

そして余裕ができたら寄付をするのではなく、『自分は余裕だ。いつでも与えられる。』と思える人間がそのうち本当に余裕ができる人間になる。
つまり寄付することにより『自己肯定感を蓄積できる』ということ。

『寄付になんて興味がない』、『寄付なんて無駄だ』、『寄付するくらいなら自分で使いたい』…。
そんな人にこそ読んでほしい本ですね。

『寄付』という行為が『自分にとって』為になるということが理解できます。

社会に大きな価値を出すためにはやはり『今だけ、金だけ、自分だけ』ではダメということですね(^_-)-☆


↓毎日更新!のやる気に繋がります(笑)。ぜひ応援クリックをお願いします(^^♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)


関連記事
スポンサーサイト



| 学び(読書) | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する