FC2ブログ
07≪ 2019/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-04-01 (Sun)
車を運転しているとよく見かける『ゼブラゾーン』。

IMG_2281_RRR.jpg

上の写真の縞々模様の白線の部分です。

ここって何のためにあるかご存知ですか?

ここを『立ち入り禁止』だと思われている方が多いようですが、違います。

このゼブラゾーンは『導流帯』と言い、あくまでも走行を誘導するためのものです。

右折レーン手前など、道幅が広くなるところでは車がどこを走って良いか分からなくなりがちです。

そこでこの導流帯を使うことで『視覚的』に走行する道幅を制限しているのです。

つまり、ここは立ち入り禁止ではなく、上の写真の場合でも堂々とこの上を踏んで右折レーンへ進入して大丈夫です(^^♪

もちろん黄色線はまたいではいけませんよ(^^;

更に言うと、例えば上の写真での右折レーン進入時にこんなこともあります。
この導流帯を踏んではいけないと思い、導流帯がなくなったところで右折レーンに侵入しようとした車Aがいたとします。
そして導流帯を踏んでまっすぐ右折レーンに進入してきた車Bがいたとします。
車Bがまっすぐ右折レーンへ向かっていたところへ、車Aが導流帯の終わるところで進路変更して右折レーンへ。
この2台がぶつかってしまった場合、導流帯を避けて通った車Aの方が過失の割合が大きくなるという事もあるようです。

導流帯を踏んで良いと知っていてまっすぐ右折レーンへ向かっていた車Bからすると車Aは車Bの進路に割り込んできた形になってしまいます。

良かれと思って導流帯を避けていたのに、そのような可能性もあるのです。

また、右折レーンが渋滞している時にこの導流帯を踏んではいけないという勘違いで直進レーンで右折待ちをして大渋滞なんてこともよく見かけます・・・。

つまり結論はこうです。

特に右折時など、『必要があれば』導流帯(ゼブラゾーン)は堂々と踏んで通って下さい!(^^)v



↓毎日更新!のやる気に繋がります!ぜひ応援クリックをお願いします(^^♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)


関連記事
スポンサーサイト
| 日常の出来事 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する