FC2ブログ
2017-10-24 (Tue)
今日はいつもと違って、保育関連の書籍ではありません。

速読、多読を実践されている方なら知らない人はいない!ってくらい有名な本です。

IMG_2452_R.jpg

『どんな本でも大量に読める「速読」の本』です。

著者の宇都出雅巳さんは東京大学を卒業され、たくさんの資格も取られている方です。

そんな宇都出さんですが、速読をマスターするためにいろいろと実践されたそうです。

『速読セミナー』にはウン百万円を払ったとか!!( ゚Д゚)

でも、思ったような効果はなかったそうです。

そんな宇都出さんの提唱する速読の方法・・・

見も蓋もない話ですが、

『たくさん読むから速くなる』

というものです。

詳しくはこの本を読んでいただきたいですが、たくさんの本を読んで知識・情報・経験の『ストック』がたまると本を読むスピードが速くなります。

たくさん読む、繰り返し読むことが大前提ですので、本を読むときに『わかろう』という思いを手放して読むことができます。

理解しようとすればするほど、細かいことにつまずいて、なかなか前に読み進めることが出来ません。

その結果、本の内容が全体像として入ってこなくなるわけです。

理解することを放棄すれば、多少わからない事が書いてあっても、構わずに読み進めることが出来ます。

これをたくさんの本で大量に繰り返していると先ほどの『ストック』がたまって、理解もできるし速くも読めるようになります。

宇都出さんはこれを『高速大量回転法(KTK法)』と名付けています。

私もこの方法を実践しています。

是非みなさんも試してみてください!

そしてこの素晴らしい本を書いてくださった著者の応援のために、是非この本を買って読んでください(^^)




↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)

関連記事
スポンサーサイト
| 学び(読書) | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する