FC2ブログ
2018-10-28 (Sun)
昨日は岡谷市で汐見稔幸先生の講演会があり、拝聴させていただいてきました(^^)
『新指針に基づく実践をデザインする ~ていねいで、暖かい保育の為の哲学~』をテーマに2時間半の講演でした。

私にとって今年3度目の汐見先生の講演会でしたが、とても楽しく、あっという間の2時間半でした。

全体を通して『非認知能力』を育てるためのお話でした。
キーワードとして『子どもが本当にやりたいこと』、『観察』、『アタッチメント』、そしてそのための『環境』というものが主に挙げられていました。

この辺りは汐見先生が毎度一貫してお話されていますね(*^^*)

そしてその『環境』の中で大切なのは『建物』などではなく、『保育士』であることを丁寧に解説してくださいました。

これは家庭では当然『親』にあたります。

私自身も娘と接する中で一番大切にしているのがこの『人的環境』です。

『受容』、『ベーシックトラスト』といった所を常に意識しています。

スポーツや英会話などのいわゆる『早期教育』も否定はしませんが、まずは子どもの「やりたい!調べたい!」などの『興味・関心』は何なのかを『観察』してそれを受け入れて育てていくことが大切だと思います。

子どもに困ったことをされても、まずは共感すること。
人に優しくされた分だけ、人に優しくすることが出来る。

『子どもを人間として尊重してみる』という事が大切だという事を再認識することができました。

もっともっとお話を聞きたかったのですが…。
2時間半では足りないですね(;^_^A

汐見先生、毎回貴重なお話を聴かせていただきましてありがとうございます!
そして、保育士でもない業者の私に受講させてくださった岡谷市の先生方に感謝いたしますm(__)m

また講演内容を私なりにメモしたものを、受講された先生方にお配りさせていただきます。
何かのお役に立てればと思います。
※汐見先生のご迷惑にならないよう、取り扱いには注意してください。

この私のメモを楽しみにして下さっている先生がいらっしゃり、帰りがけに『楽しみに待ってます!』と声を掛けていただけたのが嬉しかったです(*^^*)

またこのような機会がありましたら、ぜひお声がけいただけると嬉しいです♪
ありがとうございました!!(≧▽≦)

IMG_5286_201810RR.jpg


↓毎日更新!のやる気に繋がります!ぜひ応援クリックをお願いします(^^♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

↓こちらもついでに応援クリックをお願いします(^^)



関連記事
スポンサーサイト
| 講習会 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する